成年後見制度

時計

「平成26年度高齢者白書」によると、日本の65歳以上のパーセンテージは25.1%となり、過去最高となりました。 まさに、4人に一人が高齢者ということになります。 医療の発達により、平均寿命が延びたのは喜ばしいことです。 しかし、問題点もあります。 それは認知症や介護の問題です。 成年後見制度とは、そのような問題の解決策として2000年に介護保険制度とともにスタートした制度です。 具体的に言うと、精神上の障害により(認知症、知的障害、精神障害など)により判断能力が不十分な方を保護する制度ということになります。 この「成年後見制度」には二つの種類があります。 1.法定後見制度 2.任意後見制度 以上の二種類になります。 この制度は、 1.成年後見制度の利用には、本人の意思が尊重されます。 2.成年後見制度を利用することによて、本人に代わって日常生活の様々な手続きをしてもらうことができます。 ちいう特徴があります。

「法定後見制度」と「任意後見制度」とは手続きに大きな違いがあります。 「法定後見制度」は家庭裁判所に成年後見人申立の手続きが必要になります。 家庭裁判所で後見人などが、本人を支援します。 判断能力の程度によって、「後見」「保佐」「補助」という3つの種類に分けられます。 後見人等の候補者に親族を立てることも出来ますが、最近では親族以外の弁護士等が選任されるケースが増えてきています。 「任意後見制度」はご本人がお元気で、判断能力が十分にある段階で、 ご自信で、信頼できる人と、「任意後見契約」を結びます。 この「任意後見契約」の手続きは「公正証書」を作成する必要があります。 お一人の方や、子供さんのいらっしゃらないご夫婦は、お元気がうちに、この「任意後見契約」を信頼できる人と結んでおくと安心です。