最後の整理

墓地

身内が亡くなるとやらなければいけないことがたくさんありますので通常遺品整理は最後になります。整理をする前に親しい人に来てもらい、形見分けをする場合もあります。遺品整理は故人が住んでいた住宅を今後どうするかにもよりますが、住まいを処分するのであれば遺品整理をしなければなりません。不用品を処分する専門業者に一括して見積もりをしてもらうのが一番簡単で早く整理が出来ます。価値のあるものも一括処分の場合にはほとんど評価されないのが普通です。価値のあるものは手元に残すことにすれば良いだけの話です。比較的価値のあるものを所有していた場合にはそれぞれの専門業者に引き取ってもらえば少しは収入を獲得することが出来ます。

一括引き取りの業者はすべてを引き取ってくれるので遺品整理には好都合です。それぞれを細かく引き取ってもらう場合は専門業者によっては価値のないものは引き取らないケースがあります。切手や呉服を扱う業者は比較的全部を引き取ってくれるケースがあるのですが、古本や貴金属の引き取りは通常価値のないものは引き取りません。古本を全部引き取る業者は価値のある本もあまり高い評価を出しません。リサイクルショップはある程度のものであれば引き取ってくれますが、壊れていて修復が不可能なものは引き取りを断ることがあります。いずれにしても一括業者でなければ、最後には粗大ごみの引き取りを申し込まなければならなくなります。住宅を解体するのであればその時まで置いておくことが出来ます。